ニキビ治療で悩み解消|みんなが羨ましがる美人フェイス

思春期ニキビの悩み

ニキビができる理由

girl

中学生や高校生くらいの思春期の時期にできやすいのが、ニキビです。ニキビというのは、主に顔の皮脂の多い額から鼻先のティーゾーンを中心にできやすいです。顔にニキビがあると、他人の視線が気になってしまいます。なので、自信を持って生活することができなくなります。なぜ思春期にニキビができるかと言うと、急激な成長ホルモンの分泌量の増加によるものです。成長ホルモンが多く分泌されると、顔にたくさんの皮脂が分泌されるようになります。そうなると、毛穴から皮脂がスムーズに排出されずに溜まってしまいます。そのため、皮膚に付着している雑菌と混ざってニキビができてしまいます。それに合わせて、汚い手で顔にふれたり、食生活が悪かったりなどもニキビが発生する原因になります。

効果的な治療方法とは

思春期にできるニキビの治療法として、美容皮膚科では、面ぽう圧出施術を行っています。これは、簡単に言うと、ニキビの元となっている皮脂をきれいに摘出する治療のことです。具体的な施術方法は、まずレーザーを用いてニキビの表面に微小な穴を開けていきます。それから、専用の道具を用いて、毛穴の中に詰まった角質、皮脂、汚れなどを押し出していくのです。これによって原因となる物質がすべて排出されるので、すぐに症状が改善していきます。ただし忘れていけないのは、この面ぽう圧出施術は早期に治す治療だということです。肌質そのものが改善されるわけではないので、ニキビの発生を抑える効果はないです。ですから、治療の効果を維持するには、生活習慣などをきちんと改善することが大事です。